Androidアプリ

App Inventor

Word、Excelは教えないパソコン教室

当教室は、一般的なパソコン教室が教えないスマートフォンアプリ、Webの仕組み、プログラミング、データベースなど高度な内容を基礎からじっくりとお伝えしています。既に多くの方がご自分が希望されるシステムの開発に成功するまで勉強が進んでいます。IT時代に対応できるスキル獲得を目指しましょう!

​当教室の緊急事態宣言時の対応について

平素より、当教室をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。静岡県には新型コロナ対策として令和4年1月よりまん延防止措置が適用される事態となりました。当教室は新型コロナ対策をしっかりと行いながら運営してまいります。生徒の皆様には引き続き、下記の点をお願いいたします。

・マスクの着用

・入室時の手の消毒

・発熱、咳、全身痛などの症状がある場合はご自宅で休養の上、症状が改善されない場合は医療機関に連絡し、指定された医療機関で受診されますよう、お願い申し上げます。

 ・感染が今以上に蔓延するような事態となった場合には、講座開講を見合わせることもあるかと思われます。その場合はホームページでお知らせし、お申し込みの方々、受講生の皆さまに電話等により連絡の予定です。

またSkype,Zoom,Soba meetingによるオンライン教室をご希望の場合はそれらに対応いたします。

Skypeのダウンロード先はこちら。

Zoomの登録はこちら。

SOBA meetingよるクラス参加はソフトウェアのインストールや登録の必要は

 ありません。

また、チケットのお支払いはPay Pay、Line Payまたは銀行口座のお振込みでお願いいたします。チケットについては、紙のチケットに私のみのサインを行います(生徒様のサインは不要とします)。

Pay PayやLine PayのQRコードはオンライン教室内で提示いたします。また、銀行口座お振込みの場合は、​メールにて振込先口座をお伝えいたします(振込手数料はご負担ください)。

​空気清浄機を設置しました

新型コロナ対策の一環としてピンポイントで除菌できる空気清浄機を設置しました。非常にコンパクトなもので、机の上に乗せて使用いたします。マスクの着用、手の消毒、パソコン等の除菌やその他の対策とともに、こちらの空気清浄機によっても生徒さんの安全を守れることを期待しています。

空気清浄機.jpg
こちらの空気清浄機の紹介動画
ITに関する企業の課題
 
プチDXの勧め

現在、経済産業省なども「2025年の崖」などと、もしDX(デジタルトランスフォーメーション)が進まなければ「2025年以降、最大で年間12兆円の経済損失が生じる可能性がある」と警告しています。各企業も真剣に企業活動にDX導入、展開を考えるべきでしょう。

参考記事)「2025年の崖」とは何か?レポートを要約すると? 経産省の推奨施策まとめ

ただ、そうは言われても何を行えばいいのか、大きな投資が必要になるのではないか、など不明な点、不安な点が多くあると思います。そこで当教室では「プチDX」を勧めています。

まずは小さなDXの導入を行い、小規模の企業活動のデジタル化・効率化を行い、そこから社会の動向などを見極めながら、さらに必要なDX導入を進めていく。そうした方法でDX導入に慣れながら中規模、大規模なDXに取り組んでいかれてはいかがでしょうか。

​このような取り組みにご関心がある場合は是非、当教室にご相談ください。

2029年問題~ITに強い企業へ

2022年度から高校教育において「情報」科目が新規に始まります。新高校1年生から情報科目を学ぶことになります。これは2025年の大学入試に情報科目が新たに追加されることの対応です。大学入試科目を高校の段階で教えないわけにはいきませんから。

この入試科目「情報」のサンプル問題が公表されていますが、試験問題はかなりレベルが高い内容となっています。そして高校での学習を通してITに目覚め、大学入学後もプログラミングなどのITの学習を継続して行い、ITに強い人材がどんどん生まれてくるでしょう。

そしてそれが国の情報科目新設の目的だと考えられます。

さて、そうしたITに強い学生たちが大学を卒業するのが2029年からです。彼らは就職後、得意のITスキルで企業が抱える様々な課題、問題を解決しようとするかも知れません。では、そんな彼らを受け入れる企業は全く準備をしないままで大丈夫でしょうか。ITに決して強いとは言えない上司、先輩たちは彼らの提案を理解し、評価できるでしょうか。

ITに弱い上司、先輩たちとのコミュニケーションに戸惑い、苛立ちすら感じればせっかくの人材が会社を去り、彼らを評価してくれる企業に転職してしまう可能性もあるでしょう。

逆にITに強い企業をアピールできれば、ITスキルを持った人材を数多く獲得できるかも知れません。

「情報」科目の新設は、決して高校生たちだけの問題ではなく、今ある企業にも突き付けられた課題でもあるのです。既存社員、経営者のIT能力の向上が求められています。これは2029年の大学新卒者向けの対応だけではなく、DXの導入・展開を進める上でも求められることでしょう。当教室では、企業の社員の方々にITの基礎から学んでいただいております。

是非、2029年に向けてIT人材の育成に当教室をお役立てください。

・インターネットの基礎

・ホームページ作成基礎

・サーバーサイドプログラミング基礎

・データベースについて

・データベースを利用した基本的なWebアプリケーション開発

​・Raspberry Pi、あるいはM5 StackなどのマイコンによるIoTシステム構築体験

さらに必要に応じてExcelによるデータ分析Excel VBAによる業務効率化など、様々なことを学んでいただきます。ご相談を心からお待ちしております。

​代表のつぶやき

社会人向けの教室の生徒さんで、素晴らしいシステムを開発された方がいます。60代後半の方ですが、現在嘱託としてお勤めの会社向けのシステムを開発しました。1つは会社の予定の管理システム、もう1つはその会社はローカルFM局でして、機材のメンテンナンスに関する情報管理システムです。この2つのシステムはPHP(プログラミング言語)とMySQL(データベース)で生徒さんが借りているレンタルサーバー内に作成しました。Wixでポータルサイト(入口)を作成し、そこから2つのシステムへアクセスできるようになっています。

さらにその予定管理とメンテナンス情報管理をPCからアクセスするだけでなく、スマートフォンからも見栄え良く表示したいということで、現在はあまり使われなくなった技術ですが、jQueryMobileというJavascriptライブラリを利用して作成しました。こちらはたまたまもう何年も前に自分が調査して作成した資料が役に立ちました。もう古い技術ですが、結構見栄え良くできたと思います。

60代後半の方ですが学習意欲旺盛な方で、AIについても勉強したいということで、当方はAIシステムの開発経験はないのですが、初心者向けのテキストを使って学習していただいたりしています。

自分も負けないように挑戦し続けねばと、刺激を受けています。

ホームページ作成のWix、PHPやJavascriptなどのプログラミング、データベースなど現代社会を支えるIT技術の基本を学べます。​学べます。

講師は数多くのシステム開発経験のあるベテランエンジニア。優しく基礎から理解できるまで教えます。

世界で1億人以上が利用しているWixによるホームページ作成請負います。まずご希望のホームページを作成し、そのホームページを教材にWix講座を受講していただきます。

​※更新が業者に依頼しなく

 てもご自身で可能になり

 ます!

ホームページ作成のWix、情報の共有管理が可能なGoogleのサービスなど、業務に役立つIT技術を社員教育で。企業力大幅アップ!